サブプライムローンとは

リーマンショック以降頻繁に耳にするようになったサブプライムローン。ローンのカテゴリーとしては住宅ローンですが、アメリカ国内でのシステムだったためリーマンショック以前は目立って日本にニュースが流れてくることもほとんどありませんでした。

サブプライムとは信用が低い人に向けた住宅ローンです。信用の高いプライム層に「サブ」という言葉をつけることでそれを表しています。信用と言っても所得はもちろんですが過去の支払いの実績に基づいて判断することが多いようです。所得が高くても過去に借金の支払いが遅れたことが合ったり返済していない借金などがあると信用は落ちてしまいます。

ではなぜサブプライムローンという言葉があるのか、差別化することでローンを借りる時にどのような違いがあるのでしょう。

サブプライム=低い信用ということは先ほどご説明しましたが、信用が低い人にお金を貸すにはリスクを伴いますね。銀行もできれば信用の高い人だけにお金を貸したいと考えています。信用の低いサブプライム層にお金を貸す条件として、プライム層よりも高い金利を設定して貸すということでリスクを軽減しています。

しかし、金利が高ければ低所得者は住宅ローンを組んで家を建てようとはなかなか考えませんね。低信用者がローンを組むことへの抵抗を和らげるためにさまざまなからくりを施して貸し付けていました。

アメリカの住宅バブルはこのサブプライムローンによって生まれましたが、やがては大きなインパクトに膨れ上がりリーマンショックに至りました。

最新記事一覧